出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「春秋左伝」宣公四年から》食物を指先につけてなめる。転じて、物事に手をつける。やりはじめる。「俳句に―・める」