出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]3が原義》
  1. (あとに禁止を表す語を伴って)決して。必ず。「ゆめ油断するな」

  1. (あとに打消しの語を伴って)少しも。夢にも。「ここで会えるとはゆめ思わなかった」

  1. つとめて。気をつけて。

    1. 「向つ峰 (を) に立てる桃の木成らめやと人そささやく汝が心―」〈・一三五六〉

[補説]潔斎する意の動詞「斎 (ゆ) む」の命令形からとされていたが、その「め」は上代特殊仮名遣では甲類の音である。しかし、乙類の仮名が用いられていて、疑問が残る。別に、物事を忌み謹んだ目で見よの意の「忌眼」であるとする説もある。平安時代以降、「夢」と混同して2の意があらわれた。「努」「努力」「勤」などと当てて書くこともある。