出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「節 (よ) 」と同語源。時間や空間の、限られた区間の意》

  1. 人の一生。生涯。また、寿命。年齢。「わが―の終わり」

  1. 一人の支配者、または一つの系統・政体に属する支配者が政権を維持している期間。時代。「明治の―」「武家の―」

  1. 家督をついでその家を治める期間。また、その治める権利や立場。「息子の―になる」「―を譲る」

  1. 仏教で、過去・現在・未来のそれぞれの期間。前世・現世・来世のそれぞれ。「あの―」「この―」

  1. 出家した人の住む世界に対して、凡俗の住む世界。俗世間。「―に背く」

  1. 人が互いにかかわりあって生きていく場。世の中。社会。世間。「浮き沈みは―の習い」「新しい思想を―に広める」

  1. 社会での境遇。特に、時運に乗って栄えること。「―を時めくタレント」

  1. その時の社会の流れ。時勢。「―はまさにコンピューター時代だ」

  1. 生活していくこと。なりわい。「―の営み」「―を過ごす」

  1. 10 ある期間。時期。機会。

    1. 「二条の后の宮まだ帝にも仕うまつり給はで、ただ人におはしましける―に」〈大和・一六一〉

  1. 11 国家。国。また、世界。

    1. 「国王の仰せ言を、まさに―に住み給はむ人の、承り給はでありなむや」〈竹取

  1. 12 男女の仲。恋情。

    1. 「むげに―を思ひ知らぬやうにおぼほれ給ふなん、いとつらき」〈・帚木〉