出典:デジタル大辞泉(小学館)

[終助]文末の種々の語に付く。
  1. 判断・主張・感情などを強めて相手に知らせたり、言い聞かせたりする意を表す。「気をつけるんだよ」「ひとりで行けるよ」

    1. 「われこそ山だち(=山賊)―と言ひて」〈徒然・八七〉

  1. (命令表現や禁止の助詞「な」に付いて)願望・依頼・禁止の意を強めて表す。「乱暴はよしなよ」「はやく来いよ」

    1. 「今秋風吹かむ折ぞ来むとする。待て―」〈・四三〉

  1. (疑問を表す語に付いて)相手をなじる意を表す。「しゃべったのはだれよ」「何よ、この子は」

  1. (推量の助動詞「う」「よう」に付いて)勧誘・ねだり・投げやりの意を表す。「早く行きましょうよ」「わたしなど眼中にないんでしょうよ」

[補説]現代語では、終止形に付く場合、男性語としてはその終止形に直に下接するが、女性語では「のよ」「わよ」「ことよ」「てよ」などの形で、また、名詞、形容動詞の語幹に付いて、用いられることが多い。
[間助]文中の種々の語に付く。
  1. 呼びかけの意を表す。「おおい、雲よ」「田中君よ、手をかしてくれないか」

    1. 「少納言―香炉峰の雪いかならむ」〈・二九九〉

  1. 語調を整えたり、強めたりする意を表す。「それならよ、君はよ、どうする」

    1. 「されば―、なほけ近さは、とかつおぼさる」〈・若菜上〉

  1. 感動・詠嘆の意を表す。…(だ)なあ。

    1. 「あら思はずや、あづまにもこれ程優なる人のありける―」〈平家・一〇〉

[補説]2は、現代語では多く「だよ」「ですよ」の形で使われる。なお、「だ」「です」を省いて用いると、「もしもよ」「かりによ」のような仮定を表す言い方は別として、「さ」に比して粗野な感じを伴う。長音形の「よう」はいっそうその感が強い。なお、古語の一段活用・二段活用やサ変・カ変動詞の命令形語尾の「よ」も、もともとは間投助詞の「よ」で、中古以降は「…よ」の形が一般化したため、「よ」を含めて命令形と扱うようになった。
[格助]《上代語》名詞、活用語の連体形に付く。
  1. 動作・作用の起点を表す。…から。

    1. 「狭井河 (さゐがは) ―雲立ち渡り畝火山 (うねびやま) 木の葉さやぎぬ風吹かむとす」〈・中・歌謡〉

  1. 動作の移動・経由する場所を表す。…を通って。

    1. 「ほととぎすこ―鳴き渡れ灯火 (ともしび) を月夜 (つくよ) になそへその影も見む」〈・四〇五四〉

  1. 比較の基準を表す。…より。

    1. 「雲に飛ぶ薬食 (は) む―は都見ばいやしき我が身またをちぬべし(=若返ルニ違イナイ)」〈・八四八〉

  1. 動作・作用の手段・方法を表す。…によって。…で。→ゆりより

    1. 「浅小竹原 (あさじのはら) 腰なづむ空は行かず足―行くな」〈・中・歌謡〉