出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 姿・形。ありさま。ようす。

    1. 「日ごろありつる―、くづしかたらひて、とばかりあるに」〈かげろふ・上〉

  1. 方法。やり方。

    1. 「その山見るに、さらに登るべき―なし」〈竹取

  1. 理由。事情。わけ。

    1. 「参るまじくは、その―を申せ」〈平家・一〉

  1. (「思う」「言う」などに付いて)会話や思考の内容。または、その下に引用して続けた会話や思考の内容。

    1. 「車にて児 (ちご) の祖 (おや) に言ふ―『父こそ』と呼べば」〈今昔・二四・一五〉

  1. 名詞の下に付いて複合語をつくる。

    1. ㋐ある物に類似していることを表す。…ふう。…のよう。「刃物様の凶器」「皮革様の素材」

    2. ㋑様式、方式などの意を表す。「上代様」「唐 (から) 様」

  1. 動詞の連用形の下に付いて複合語をつくる。

    1. ㋐ありさま、ようすなどの意を表す。「喜び様」「可愛がり様」

    2. ㋑…する方法、…するやり方などの意を表す。「ほかのし様もある」「しかり様が悪い」