出典:デジタル大辞泉(小学館)

[助動][○|○|よう|(よう)|○|○]上一段・下一段・カ変・サ変動詞の未然形、助動詞「れる」「られる」「せる」「させる」などの未然形に付く。なお、サ変には「し」の形に付く。
  1. 話し手の意志・決意の意を表す。「その仕事は後回しにしよう

    1. 「埒 (らち) あき次第起こしに来い。明日顔見よう」〈浄・生玉心中

  1. 推量・想像の意を表す。「会議では多くの反論が出されよう

    1. 「うばも待て居よう程にはよう行れよ」〈浮・風流夢浮橋〉

  1. (疑問語や終助詞「か」を伴って)疑問・反語の意を表す。「そんなに不勉強で合格できようか」

  1. (多く「ようか」「ようよ」「ようではないか」などの形で)勧誘や、婉曲 (えんきょく) な命令の意を表す。「その辺で一休みしようよ」「みんなで行ってみようではないか」

    1. 「かかさん、ねんねしよう」〈洒・甲駅新話〉

  1. (「ものならば」などを伴って)仮定の意を表す。「失敗なんかしようものなら許しませんよ」

    1. 「一生のうちに一度でも天晴 (あっぱ) れ名作が出来ようならば」〈綺堂修禅寺物語

  1. 実現の可能性の意を表す。「あの男がそんな悪いことをしようはずがない」

  1. (「ようとする」「ようとしている」の形で)動作・作用が実現寸前の状態にある意を表す。「秋の日は早くも西の山に没しようとしている」→

[補説]室町末期ごろ、推量の助動詞「む」の変化形「う(うず)」が上一段動詞、たとえば「射 (い) る」「見る」に付いて音変化した語形「よう」「みょう」から「(射・見)よう」が分出されたのが始まりで、江戸時代に入ってしだいに一語化したと言われる。連体形は、56のように形式名詞「もの」「はず」「こと」などを下接する用法が普通で、主観的な情意を表現する終止形に比し、客観性のある表現に用いられる。なお、2は現代語では、ふつう「だろう」を用いる。