ようかい‐へんげ〔エウクワイ‐〕【妖怪変化】 の意味

  1. 《類似した意味の「妖怪」と「変化」を重ねたもの》あやしい化け物。
  • 名詞
  • ようかい‐へんげ〔エウクワイ‐〕【妖怪変化】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・世にいわゆる妖怪変化の類は、すべてこれ鬼神力の具体的現前に外ならぬ。

      泉鏡花「おばけずきのいわれ少々と処女作」

    • ・・・魔とも、妖怪変化とも、もしこれが通魔なら、あの火をしめす宮奴が気絶をしないで堪えるものか。

      泉鏡花「茸の舞姫」

    • ・・・しからざれば、妖怪変化豈得てかくのごとく活躍せんや。

      泉鏡花「遠野の奇聞」