出典:デジタル大辞泉(小学館)

溶血を起こし、赤血球の破壊が造血能力を超えるためにみられる貧血。先天的に赤血球の膜が弱い場合や自己免疫疾患・薬物中毒などで起こり、貧血のほか脾腫 (ひしゅ) 黄疸 (おうだん) などの症状を呈する。