出典:デジタル大辞泉(小学館)

鉄・銅・鉛などの製錬に用いる立て型の炉。製鉄用のものは大きく、高炉という。炉頂から鉱石・燃料および融剤を装入し、下方の羽口 (はぐち) から熱風を吹き込んで燃焼させ、炉底にたまる粗金属およびスラグを取り出す。