出典:デジタル大辞泉(小学館)

都市計画法により、都市の環境保全や利便の増進のために、地域における建物の用途に一定の制限を行う地域。都市計画法の地域地区の基本となるもの。住居系(第一種低層住居専用地域第二種低層住居専用地域第一種中高層住居専用地域第二種中高層住居専用地域第一種住居地域第二種住居地域準住居地域)、商業系(近隣商業地域商業地域)、工業系(準工業地域工業地域工業専用地域)に類別される。

[補説]平成4年(1992)の都市計画法改正により、旧「第一種住居専用地域」が第一種および第二種低層住居専用地域、旧「第二種住居専用地域」が第一種および第二種中高層住居専用地域、旧「住居地域」が第一種および第二種住居地域と準住居地域に類別された。