出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《形式名詞「よう」+断定の助動詞「なり」》活用語の連体形、体言に助詞「の」「が」を添えたものに付く。
  1. ある事物の性質・状態が他の事物に似ている意を表す。

    1. 「荒れぬ日なく降り積む雪にうちながめつつ明かし暮らし給ふ心地、尽きせず夢の―◦なり」〈・総角〉

  1. ある事物の内容が他に等しい意を表す。…と同じだ。

    1. 「かぐや姫のたまふ―◦にたがはず作り出でつ」〈竹取

  1. 例示の意を表す。たとえば…のようだ。

    1. 「増賀聖のいひけん―◦に名聞 (みゃうもん) ぐるしく、仏の御をしへに違 (たが) ふらん」〈徒然・一〉

  1. (多く「…せむ」「…べし」「…まほし」などを下に伴って「やうに」の形で)願望・意図を表す。

    1. 「すべて男 (をのこ) をば、女に笑はれぬ―◦に生 (お) ほし立つべしとぞ」〈徒然・一〇七〉

  1. そういう状態であることを表す。…ありさまである。→ごとし

    1. 「わがため面目ある―◦に言はれぬるそらごとは人いたくあらがはず」〈徒然・七三〉

[補説]平安時代から室町時代まで用いられたが、初めは、文章語・男性語的な「ごとくなり」に対し、口頭語・女性語的な語として、和文に用いられた。のち、「ようだ(ような)」となる。