あか‐むけ【赤剥け】 の意味

  1. 皮膚などが擦りむけて赤くなっていること。また、その部分。
  • 名詞
  • あか‐むけ【赤剥け】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ですが、こないだ腫んでた皮を赤剥けにして、親方に譴られましたもの……」と渋くったが、見ると、お上さんは目を真赤に泣き腫らしているので、小僧は何と思ったか、ひどく済まないような顔をしてコソコソと二階へ上って行く。

      小栗風葉「深川女房」