出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. 前を横切る。通りすぎる。「目の前を黒い影が―・る」「不安が心を―・る」「思い出が一瞬頭を―・る」

  1. 途中で立ち寄る。

    1. 「―・りおはしましけるよし、ただいまなむ人申すに」〈・若紫〉

  1. 避ける。よける。

    1. 「商人旅人も道を―・る」〈浄・手習鑑

出典:青空文庫