出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 疲れ・病気などのため、赤く充血した目。

  1. 虹彩 (こうさい) の色素が少なくて、眼底の血の色が透けて赤く見える目。白ウサギの目など。

  1. フラッシュを使って撮影した写真で、瞳が赤く写ること。また、そのように赤く写った瞳。暗がりで大きく開いた瞳孔を通って、網膜にある毛細血管に強い光が届くために起こる。赤目現象。赤目効果。→赤目軽減機能

  1. あかんべい」に同じ。

  1. スズキ目アカメ科の汽水魚。全長約1メートル。体は側扁し、銀白色で目は赤い。食用。

  1. ヒガイ(鰉)の別名。

  1. メナダの別名。