出典:デジタル大辞泉(小学館)

三角形の角と辺の関係を示す定理。三角形の頂点A・B・Cの対辺をそれぞれabcとするとき、abcosC+ccosB, bacosC+ccosA, cacosB+bcosA(第1余弦定理)、また、a2b2c2-2bccosA, b2c2a2-2cacosB, c2a2b2-2abcosC(第2余弦定理)が成り立つ。一般には第2余弦定理をいう。余弦法則。