出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 顔の向きを変えず目だけで横の方を見ること。また、その目つき。「横目でにらむ」

  1. (「…を横目に」の形で)ちょっと見るだけで、かかわろうとしないこと。「騒動を横目に通りすぎる」

  1. 木目や紙の目などが横に通っていること。また、そのもの。

  1. 漢字の部首の一。「罪」「羅」などの上にある「罒」の呼び名。あみがしら。

  1. 目をわきにそらすこと。わき見をすること。

    1. 「―もつかはずまもりゐ給へり」〈十訓抄・三〉

  1. 他に目を移すこと。他に心を移すこと。

    1. 「その後思ひかはして、また―する事なくて住みければ」〈宇治拾遺・九〉

  1. 監視すること。また、監視役。

    1. 「其人足をとらへて、厳しく―を付け」〈浮・武家義理・一〉

  1. 横目付 (よこめつけ) 」の略。

    1. 「門番に取り入り、―にしなだれ」〈浮・一代男・二〉

出典:青空文庫