出典:デジタル大辞泉(小学館)

浄瑠璃。時代物。五段。竹田出雲・並木千柳(並木宗輔 (そうすけ) )・三好松洛 (みよししょうらく) 合作。延享4年(1747)大坂竹本座初演。源義経の都落ちにからめて、潜伏中の平家の武将知盛維盛教経の滅びのロマンを描く。知盛が壮絶な死をとげる二段目「渡海屋・大物浦 (だいもつのうら) 」、維盛を助けようとしていがみの権太が犠牲になる三段目「鮓屋」、鼓の皮となった親狐を慕う狐忠信を描く四段目「河連 (かわつら) 館」が有名。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉