出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「寄す処 (か) 」の意。古くは「よすか」》

  1. 身や心のよりどころとすること。頼りとすること。また、身寄り。血縁者。よるべ。「知人を―に上京する」「身を寄せる―もない」

  1. 手がかり。手だて。方法。「今ではもう昔を知る―はない」