出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 寄せること。寄せ集めること。「人寄せ」「客寄せ」

  1. 囲碁・将棋の終盤戦の細かい詰め。

  1. 望みを寄せること。信任。信頼。

    1. 「時世の―今一きはまさる人には」〈・明石〉

  1. 一身上の力となる人。後見。

    1. 「一の皇子は、右大臣の女御の御腹にて、―重く」〈・桐壺〉

  1. ゆかり。縁故。ちなみ。

    1. 「その―ありとて、後醍醐天皇とおくり名し奉る」〈太平記・二一〉

  1. 子細。わけ。いわれ。

    1. 「国を争ひて戦ひをなす事、数へ尽くすべからず。それもみな一ふし二ふしの―はありけん」〈増鏡・新島守〉

  1. 歌論で、縁あるものに関連づけること。縁語。

    1. 「歌は―あるがよきなり、衣に、たつ、きる、うら」〈詠歌一体〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース