出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動ナリ]

  1. よじょう(余情)」に同じ。

    1. 「勅使は花の都人、もてなしに―うすし」〈浄・本朝三国志〉

  1. 同情のおこぼれ。また、わずかな謝礼。

    1. 「わづかな弟子衆の―や、わが身の働きで」〈浄・河原達引

  1. 《「僭上 (せんじょう) 」を「せじょう」と略し、同音の「世情」の字を当て、それをさらに湯桶 (ゆとう) 読みをしたものの当て字という》体裁を飾ること。みえを張ること。また、そのさま。

    1. 「―なる商ひばなし」〈浮・諸艶大鑑・三〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉