出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ヨタカ目ヨタカ科の鳥。全長約29センチ。全体に茶褐色の細かい模様があり、くちばしは小さいが、口は開くと大きく、周りに長い剛毛をもつ。夜、飛びながら昆虫を捕食し、キョキョキョと早口で鳴き、枝に平行に止まる。アジア南部に分布。日本では夏鳥。ヨタカ目にはガマグチヨタカなども含まれ、北半球北部・南アメリカ最南端・ニュージーランドを除く全世界に約100種が分布。なますたたき。蚊吸い鳥。ぶんぼちょう。 夏》「靄 (もや) こめてきたる―のたたみ鳴く/敏郎」

  1. (夜鷹)江戸で、夜間に道ばたで客を引いた私娼

  1. (夜鷹)「夜鷹蕎麦 (そば) 」の略。