出典:デジタル大辞泉(小学館)

節 (ふし) のある竹。よい竹、または若い竹、また単に竹の意などの説がある。

「泊瀬の川ゆ流れ来る竹のい組竹―」〈継体紀・歌謡〉