出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]《「よただ」とも》夜の間じゅうずっと。夜通し。一晩中。
  • 「わがごとく物や悲しきほととぎす時ぞともなく―鳴くらむ」〈古今・恋二〉