出典:デジタル大辞泉(小学館)

三重県四日市市で昭和37年(1962)ころより、石油コンビナートから排出された硫黄酸化物による大気汚染公害のため、住民に多数発生した気管支喘息訴訟が起こされて昭和47年(1972)に患者側の勝訴となり、排出量の規制や公害健康被害補償法の制定などに影響を与えた。