出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「よきほど」の音変化。「余」は、江戸時代以降の当て字》

[形動][文][ナリ]
  1. かなりな程度であるさま。「余っ程な金額でないとあの家は買えない」

  1. ちょうどよいさま。

    1. 「城ノ普請ヲ―ニシナイタ」〈日葡

  1. 度をこえているので、もうその程度であってほしいさま。

    1. 「やい、かしましい、…―にほたえあがれ」〈浄・油地獄

[副]
  1. 1に同じ。「余っ程くやしかったと見える」「その会社のほうが余っ程労働条件がよい」

  1. もう少しで、そうなってしまいそうなさま。あやうく。すんでのところで。「余っ程行こうと思ったが、どうしても時間が取れなかった」

  1. ほとんどそれに近いさま。およそのところ。だいたい。

    1. 「昭襄王からは―百余年であらうぞ」〈史記抄・秦始皇本紀〉