出典:デジタル大辞泉(小学館)

ヨトウガの幼虫。体は緑色で葉の裏についているが、大きくなると黒褐色または淡褐色の芋虫となり、昼間は土中や根際に隠れ、夜はい出して植物の葉を食べる。農作物の害虫。ねきりむし。 夏》「―いそぎ食ふ口先行す/楸邨