出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. さめないで残っている熱気。ほとぼり。「ボイラーの余熱を利用する」

  1. 残暑。

    1. 「―いまだ尽きざるほどなれば、往還の旅人多くたちよりて涼みあへり」〈東関紀行