出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 世の習い。世の常。「会えば必ず別れのあるのが世の例だ」

  1. 世間に語り継がれている事柄。また語り継がれるであろう事柄。

    1. 「―にもなりぬべき御もてなしなり」〈・桐壺〉