出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 文字・文章を読むこと。読む方法。「読み、書き、そろばん」「斜め読み」

  1. (「訓み」とも書く)漢字・漢文に国語の読み方をあてること。訓。

  1. 人の心中や物事の成り行きを深く見通すこと。「読みが深い」「読みが外れる」

  1. 碁・将棋で打つ手順をさきざきまで見通すこと。

  1. 読みガルタ」の略。

出典:gooニュース

出典:青空文庫