出典:デジタル大辞泉(小学館)

ヨモギの若葉を灰汁抜 (あくぬ) きしてからつきこんで作った餅。草餅。 春》「掌中の珠とまろめて―/かな女」