出典:デジタル大辞泉(小学館)

初期の夏目漱石を中心とする写生文系統の作家、高浜虚子 (たかはまきょし) 鈴木三重吉らの一派。現実に対して一定の距離を置く心の余裕を唱えた。写生派。→彽徊 (ていかい) 趣味

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉