出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 平安時代以後、記録所御書所などに置かれた職員。庶務・執筆などのことをつかさどった。

  1. 平安時代以後、朝廷の和歌所に置かれた職員。和歌の選定にあずかった。召人 (めしゅうど) 。

  1. 居住する荘園の領主以外の権門 (けんもん) 社寺や貴族などに従属した荘民。年貢は荘園領主に納め、雑役は別の所属領主のために勤めた。

  1. 鎌倉室町幕府政所 (まんどころ) 問注所侍所に置かれた職員。執事のもとで、執筆などの雑務に当たった。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉