出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 夜鳴くツル。

  1. 白居易「五弦弾」から》子を思う親の愛情の深さにたとえていう語。焼け野の雉子 (きぎす) 。夜鶴 (やかく) 子を思う。→夜鶴 (やかく) 

    1. 「―の子を思って籠 (こ) の中に鳴く」〈謡・経政