出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安時代、節会の行事などの際、近衛の官人が着た儀仗用の鎧。布帛 (ふはく) に金・銀などの装飾を施したりして鎧の形に作ったもの。