出典:デジタル大辞泉(小学館)

軍陣に際して、鎧の下に着る直垂。錦 (にしき) ・綾・平絹などで仕立て、袖細で袖口と袴 (はかま) の裾口に括 (くく) り緒を通したもの。平安末期から中世に用いられた。ひたたれ。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉