出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。四番目物観世十郎元雅作。大坂の天王寺で高安通俊が、諦観に身を置く弱法師という盲目の乞食 (こじき) に会い、それがわが子の俊徳丸と知る。よろぼうし。
日本画家、下村観山の代表作。絹本金地著色による六曲一双の屏風。の一場面で、盲目の俊徳丸が四天王寺で日想観を行う姿を描いたもの。大正4年(1915)制作で、再興第2回院展の出品作。国指定重要文化財。
三島由紀夫の戯曲。をモチーフとする1幕の近代劇。昭和35年(1960)、「声」誌に発表。昭和40年(1965)初演。「近代能楽集」の8作目で最終作。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇・映画の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉