出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 狂言囃子事 (はやしごと) の一。帝王・神体・天狗 (てんぐ) など、神聖荘重な役の登場・退場に用いる。大鼓 (おおつづみ) ・小鼓・太鼓に笛をあしらう。

  1. (「雷序」とも書く)歌舞伎下座音楽の一。狐 (きつね) の変化 (へんげ) の出入りなどに用いる。1を移入したもので、太鼓・大鼓・小鼓・能管に大太鼓のドロドロを加える。

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉