出典:デジタル大辞泉(小学館)

ドイツ南西部の州。州都はマインツ。主な都市として、ルートウィヒスハーフェン、コブレンツ、カイザースラウテルン、ウォルムスがある。ライン川と支流モーゼル川の流域は、古くからローマの属州が置かれ、キリスト教化も早く、交通の要衝として発展。中世には、マインツ、ウォルムス、シュパイエルに、神聖ローマ皇帝の大聖堂が置かれた。ワインの名産地としても知られる。ラインラント‐ファルツ。

[地理/外国地名/西ヨーロッパ]カテゴリの言葉