出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 《飲めば顔が赤くなるところから》酒。あか。

    1. 「―呑 (の) め」〈浮・二十不孝・五〉

  1. 他の語の上に付いて複合語をつくる。

    1. ㋐赤みを帯びているさまを表す。「赤ら顔」

    2. ㋑《上代語》つやつやと赤みを帯びて、美しいさまを表す。「赤らおとめ」「赤らたちばな」

[形動ナリ]赤みを帯びて美しいさまを表す。
    1. 「脣口は―に好きこと頗黎 (はり) の色の如し」〈金光明最勝王経平安初期点〉