出典:デジタル大辞泉(小学館)

スペイン北部の町ポンフェラーダの南西約20キロメートルにある、ローマ帝国時代の遺跡。古代ローマ人が採掘した金鉱の跡で、残土が堆積して、高さ100メートル以上の小山となり、20平方キロメートルにわたって広がっている。1997年、世界遺産(文化遺産)に登録された。