出典:デジタル大辞泉(小学館)

《許容度の意。「ラティテュード」とも》フィルムや印画紙、デジタルカメラのイメージセンサーの適正露光より少々の過不足があっても、補正して画像を得ることのできる露光許容範囲。この範囲を超えて明るい部分は白飛びを、暗い部分は黒潰れを起こす。一般にデジタルカメラ反転フィルムはラチチュードが狭く、ネガフィルムやモノクロフィルムは広い。