出典:デジタル大辞泉(小学館)

米国の経済学者A=B=ラッファーが主張した理論で、税率税収の関係を表した曲線。一般に税率が高まるほど税収は増えるが、一定の税率を過ぎると逆に税収は減っていくことを示したもの。「減税しても税収増でカバーできる」としたレーガン政権の減税政策を理論的にバックアップした。ラッファー曲線。

[社会/経済]カテゴリの言葉