出典:デジタル大辞泉(小学館)

五経 (ごきょう) の一。伏羲 (ふっき) 氏が初めて八卦 (はっけ) を作り、孔子が集大成したといわれるが未詳。天文・地理・人事・物象を陰陽変化の原理によって説いた書で、元来、占いに用いられた。六十四卦 (け) およびそれぞれの爻 (こう) につけられた占いの文章(経)と、易全体および各卦について哲学的に解説した文章(伝もしくは十翼という)とから成る。周代に流行したところから周易ともいう。易。