出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 秩序がみだれること。

    1. 「酒宴の興も過ぎて、既に―に入って居る」〈木下尚江良人の自白

  1. 戦争や騒動が起こり世の中の安寧が失われること。「応仁の乱」

[補説]作品名別項。→

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉