出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ラン科の単子葉植物の総称。約2万種が熱帯を中心に広く分布。地中に根をはる地生のほか着生腐生もあり、ふつう多年草。花びら・萼 (がく) とも3枚ずつで、1枚は形や色の変化した唇弁となり、花形は左右相称。一般には観賞用のものをいい、産地により東洋ランと洋ランに分け、品種が多い。シュンランカンランカトレアなど。 秋》「―の香やてふの翅 (つばさ) にたき物す/芭蕉

  1. 紋所の名。1の花を図案化したもの。

  1. フジバカマの別名。

  1. 和蘭 (オランダ) 」「阿蘭陀 (オランダ) 」の略。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[秋/植物]の季語