出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 太政官 (だいじょうかん) 唐名

  1. 弁官の異称。

  1. 中国、代の宮中で、書物を蔵した所。転じて、代、秘書省の異称。また、御史台の異称。

  1. 史官。後漢班固3の官として詔を受け「光武本紀」を書いたところからいう。

  1. 中国、戦国時代王の離宮の名。転じて、美しい宮殿・楼台。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉