出典:デジタル大辞泉(小学館)

有髄神経で、軸索 (じくさく) (神経線維)を包む髄鞘が中断してくびれている部分。一定の間隔であり、興奮はここのみを跳躍伝導する。1878年にフランスの病理学者ランビエ(L.A.Ranvier)が発見。

[医学/人体]カテゴリの言葉