出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 入り乱れて舞うこと。踊り狂うこと。「蝶 (ちょう) が花畑を乱舞する」「狂喜乱舞」

  1. 五節 (ごせち) 豊明 (とよのあかり) の節会 (せちえ) などのあとに、殿上人 (てんじょうびと) たちが今様などを歌って舞ったこと。また、その舞。

  1. 中世、猿楽法師の演じる舞。また、近世にはの演技の間に行われる仕舞などをいった。らっぷ。

出典:青空文庫

出典:gooニュース

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉