出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 詩経」における詩の六種の分類。内容上の分類にあたる頌 (しょう) と、表現上の分類にあたる賦 (ふ) 興 (きょう) 

  1. 和歌の六種の風体。紀貫之 (きのつらゆき) 1を転用して古今集仮名序で述べた、そえ歌かぞえ歌なずらえ歌たとえ歌ただごと歌いわい歌

  1. 書道の六種の法。筆法・風情 (ふぜい) ・字象・去病 (きょへい) ・骨目 (こつもく) ・感徳。

  1. 六書 (りくしょ) 1

  1. 物事の道理。

    1. 「物の筋道―をたて」〈浄・生玉心中

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[文学/外国の文学]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉