出典:デジタル大辞泉(小学館)

細菌よりは小さく、ウイルスよりは大きい微生物の一群。リケッチア目の細菌として分類される。基本形は桿菌 (かんきん) 状または球状で、グラム陰性。生きた細胞内でだけ増殖する。ノミ・シラミ・ダニなどの媒介により発疹 (ほっしん) チフスつつがむし病などを起こすものが含まれる。名は発見者の一人、米国の病理学者H=T=リケッツにちなむ。